ショートショート+

ショートショート+(しょーとしょーとぷらす)では、電子ショートショート作家くにさきたすくがショートショートを使って何か新しいことをできないかを模索していきます。

BCCKS、Kindle、kobo等にて電子ショートショート集『空論オンパレード』『ポンコツ×ショート』『ハモノづくし』販売中!
LINEスタンプ『原稿うさぎ』『アミドさん』販売中!

印税額がやっと……

 久しぶりに公募ガイドの『TO-BE小説工房』に作品を送ったけど落選した話はくやしいので一切しません。

 

 セルフパブリッシングの話です。

 電子書籍の印税額がやっと振込金額に到達しました。\\( ⌒▽⌒ )// バンザーイ

 1冊目が2014年の8月24日の発行なので約1年かかりました。

 BCCKSから電子書籍を発行していますが、印税は計5000円に到達するまで振り込まれないのです。

 

 というわけで、ここにあやしげなグラフを置いておきます。

f:id:taskuni:20150811103402p:plain

 2014年8月から2015年7月までの印税額のグラフです。

 各電子書籍ストアで色分けされてます。

 ぼちぼちと少しずつ売れてきて、7月にどーんと火がついたように見えますね。

 ええ、ええ。そう見えるだけです。

 そう見えているのには、いろいろと裏があります(数値はいじってませんよ)が、単純に売れているという風に受け取ってもらえるように、詳細は明かさないようにします。売れているものは売れますからね。(笑)

 少しだけ語るとすれば、5月のショートショート集第二弾『ポンコツ×ショート』発売に伴って一作目の『空論オンパレード』の売り上げも伸びたというのはありますね。

 やっぱり1冊しか売ってないより、2冊並んでた方がいいんでしょうね。

「これ買って!」

 って言うより、

「これとこれどっちにする?」

 って言う方が買いやすいんでしょう。

月刊群雛』に参加したというのも影響があるのかな……と思いましたが、その影響が反映されるのは来月かな?

 

 しかし一年がかりでひと月のタバコ代程度の話ですから、電子書籍作家と名乗るのははばかられますね。twitterでまわりを見渡すと、みなさんはもっと売れているような感じだし……。

 でも僕は電子書籍作家じゃなくて、電子ショートショート作家ですからイインデス。

 控えめに小さな世界でやっていきますヨ。

 

 

 そうそう。

 はてなブログ今週のお題は「読書の夏」ということらしいです。

 一番皆さんに読んでいただきたい作品はもちろん僕の作品ですが、最近僕が読んだのはコレ。

 

永遠の0 (講談社文庫)

永遠の0 (講談社文庫)

 

 

 いまさら感もありますが、普段はショートショートや短編ばっかり読んでいるので、長いのも読んでみようと。ショートショート研究会のメンバー(@kazetomi2525 )の勧めもあり読んでみました。

 映画や漫画なら泣きながらでもなんとなく筋を追えますが、涙を流しながら文字を追うのはなかなか難しかったです。

 

 

 えーっと。印税額は0になりませんように。( ̄人 ̄)