読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショートショート+

ショートショート+(しょーとしょーとぷらす)では、電子ショートショート作家くにさきたすくがショートショートを使って何か新しいことをできないかを模索していきます。

BCCKS、Kindle、kobo等にて電子ショートショート集『空論オンパレード』『ポンコツ×ショート』『ハモノづくし』販売中!
LINEスタンプ『原稿うさぎ』『アミドさん』販売中!

電子書籍の定期ツイート広告(?)始めました。

+電子書籍

 電子書籍の宣伝をどのようにやるか。

 難しい問題です。

 twitterでは定期的に電子書籍の宣伝ツイートをしている方が結構います。

 まあそれくらいしか宣伝方法が無いって言うのもありますが、だが果たして本当に効果があるのかどうか。

 やっぱり自動的に何かやるっていうのでは、人の心は掴みづらいですよね。何回も同じツイートを見てたら逆に悪い印象にもなりかねない。

 特に『電子ショートショート作家』がそんなことしちゃうと、本当に電気で動いてるんじゃないかと思われちゃいます。いや、それはそれで話題になるのかも。

 でも毎日手動で宣伝するのはしんどいし……。

 

 

 というわけで、定期ツイートを始めることにしました。

電子書籍の定期ツイート広告(?)始めました。

 なんだよ。

 結局やるのかよって感じですが、定期ツイートは以下のような感じです。

 「今日は何の日」に絡めた電子書籍の広告を、毎日朝7時にツイートします。(今日は予約時間を間違えて8時になっちゃった) 夜にその日の事を知ってもあんまり意味が無いので、朝の皆さんアクティブそうな時間帯にしましたが、変えるかもしれません。

 文面をあらかじめ一つ一つ作った上で「MAKEBOT」で予約ツイートしています。1文面1ツイートのみの一期一会の広告になります。なので【定期】とかは入れてません。

 多種多様な「記念日」を自身の電子書籍のタイトルや、中の作品タイトル、登場する小道具などに絡めて(こじつけて)広告する感じです。ただ単なる広告ではなく、ちょっとだけ薀蓄を拾えます。楽しんでもらえたらいいなと思います。

 

 これを「何の日広告」と呼ぶことにします。

 ツイートには「#何の日広告」というタグを付けました。

 あとで自分で見やすくするためというのもありますが、他の人にも使ってもらって「何の日広告バトル」みたいな状況になるのも面白いかと思います。えーっと。面白いかな?

  それにしても画像がでかいですね。元のランディングページの画像は小さいものに変えたので、そのうちツイートの方も小さい画像に更新されるはず。ツイート詳細で大きくなるのはしょうがないみたいですね。

 

 問題点はやはりフォロワーさんにしか見てもらえないことですね。

 うまいことその日に関連するハッシュタグとこじつけられたら、いろんな人が見てくれるでしょうか。

 うーむ。

 やってみなくちゃよく分からない。

 効果があるかどうかも分かりませんが、とりあえずしばらく続けます。

 

 

すぐに役立つ366日記念日事典[改訂増補版]

すぐに役立つ366日記念日事典[改訂増補版]