読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショートショート+

ショートショート+(しょーとしょーとぷらす)では、電子ショートショート作家くにさきたすくがショートショートを使って何か新しいことをできないかを模索していきます。

BCCKS、Kindle、kobo等にて電子ショートショート集『空論オンパレード』『ポンコツ×ショート』『ハモノづくし』販売中!
LINEスタンプ『原稿うさぎ』『アミドさん』販売中!

電子書籍『ポンコツ×ショート』 その中身は

 先日販売開始しました『ポンコツ×ショート』の中身の説明です。

 

 

ポンコツ×ショート』とは

  • 電子ショートショート作家くにさきたすくの電子書籍第二弾。
  • 小説家になろうに連載した『ポンコツ・ショート』『着信音が』を収録。
  • 『ポンコツ・ショート』は連載作品15+過去作品4作+未公開作品1作で、計20作。
  • 『着信音が』は連載作品10作。
  • 計30作の約五万字。
  • 表紙はいろいろ作った物とはガラッと変えて、ロゴから新しくしました。
  • 扉絵は二枚のみ。手抜き。
  • まだBCCKSのみでの販売ですが、購入するとEPUBのダウンロードができるので、EPUBを開くことができるアプリで読めます。(iphoneアプリiBooks,Kinoppy,楽天koboでチェックしました)
  • ちょっと面倒だけど、kindleでも読めます。(BCCKSの本をKindleで読むには :: BCCKS情報局
  • 価格は税抜きで250円。
  • 電子ショートショート作家であり、電子書籍作家なので、略称は“電ショ家”ということになりました。(?)

この本のウリ

  • 五万字で250円はお買い得。前作より50円アップしたけど、前回の価格をベースに文字数で計算すると大体330円になるから、なんと80円もお得!
  • 連載終了後に推敲しなおしたので、言葉のミスや分かりにくさなどは軽減されているはず。
  • ミステリ、SF、コメディ、童話。パターンいろいろあります。
  • 他にもいいところはたくさんあるんだけど、自分では言いにくいので誰か褒めてください。

 

今後

  • 紙本作ります。とりあえず自分用に。
  • 第三弾を出します。目標は今年中。
  • 他の電子書籍作家さんのショートショート集をブログで紹介しちゃおう計画。
  • なろうにアップしている『ポンコツ&着信音』はそのうち削除します。

 

 

「売り言葉」と「買い言葉」―心を動かすコピーの発想 (NHK出版新書 412)

「売り言葉」と「買い言葉」―心を動かすコピーの発想 (NHK出版新書 412)