読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショートショート+

ショートショート+(しょーとしょーとぷらす)では、電子ショートショート作家くにさきたすくがショートショートを使って何か新しいことをできないかを模索していきます。

BCCKS、Kindle、kobo等にて電子ショートショート集『空論オンパレード』『ポンコツ×ショート』『ハモノづくし』販売中!
LINEスタンプ『原稿うさぎ』『アミドさん』販売中!

今すぐ挑戦できる掌編公募まとめ

 このブログには、ショートショート(掌編)の公募を調べに来る方もいるようなので、ちょっとだけまとめておきます。

 今回まとめたのは今すぐ“毎月”挑戦できる掌編公募です。結構いろんなところで募集してます。

 小説は書いているけどどこかに送ったことは無いという方も、小説なんか書いたことねぇよって方も、原稿用紙5枚くらいなら何とかなるでしょう。「引っ掛かれば儲けもん」と軽い感じで挑戦してしまいましょう。

 

 

公募ガイド「TO-BE小説工房」

  • 締切:毎月月末
  • 枚数:400字詰原稿用紙5枚厳守
  • 応募方法:郵送、応募フォーム
  • HP:阿刀田高のTO-BE小説工房
  • 賞:最優秀賞1編・3万円(商品券)、佳作7編・記念品

 毎回、課題があります。第1回は「浮気×ポケット」 、2月末締め切りの第2回は「探偵×ミステイク」

 二題噺って感じでしょうか。話を作りやすいとも言えますが、2つの要素の距離が近いような気がするので、単純に話を作ったら他の人と被りそうで怖いです。

 毎回の課題はシンプルにな単語になっているようです。

 枚数は「400字詰原稿用紙5枚厳守」となっています。厳守という意味がはっきりしませんが(4枚と1行でも5枚だからいいの? 5枚を超えたらダメ?)、前の企画「小説の虎の穴」と同じだとすると、紙面に載るのが最優秀賞の1作のみなので、紙面の余白が出来ないように、出来るだけ5枚いっぱいまで書いたほうが良いでしょう。

 虎の穴の時は、自分も原稿用紙5枚プラスマイナス5行くらいを意識して送ってました。ただ、最優秀賞になったのは5枚マイナス12行でした。

 何とも言えませんね。

 第1回の応募は、応募フォームに気づかずメールで送っちゃいましたが、こちらにはメールの宛先もあるので、たぶん大丈夫でしょう。(不安)

 

(追記)

 応募の際は、以下も参考にしてください。

 公募ガイド 編集部ブログ:応募規定は守れてますか? - livedoor Blog(ブログ)

 

小説現代ショートショートコンテスト」

  • 締切:毎月月末
  • 枚数:5枚まで
  • 応募方法:郵送
  • 賞:優秀作5編・2万円

 採用されたことが無いので、アドバイスのしようが無いですが、公募ガイドとは違い、賞が現金で、まとめて文庫にも収録されるので、プロになったつもりで書いたほうが良いでしょう(適当)

 こちらは「5枚まで」なので、1枚でもOKなんでしょうね。たま~に短い話が採用されているのを見かけます。

 テーマは無く「ショートショート」を書けばいい。ただ、それが難しい。

 応募先はHPにも載ってません。ちゃんと小説現代を買って確認しましょう。

 

時空モノガタリ

 毎回テーマがあります。「クラシック音楽」「戦国武将」など、結構ざっくりしたテーマですね。

 HPには、

恋愛・ちょっといい話・伝説・不思議な話など、 小説・エッセイ等の散文であれば スタイルは問いません。

 とあります。

 エッセイもOKなんですね。今度はエッセイで投稿してみようかな。

 

東京新聞中日新聞)「300字小説」

  • 締切:毎週?
  • 文字数:300字以内
  • 応募方法:郵送・応募フォーム
  • HP:東京新聞:300文字小説(TOKYO Web)
  • 賞:掲載作品(3作?)に図書カード(3000円相当)、半年ごとに最優秀作1点(賞金5万円)、優秀作など数点(各1万円)

 情報が曖昧です、ごめんなさい。送ったことありません、ごめんなさい。東京新聞読んでません、ごめんなさい。

 300字ってことは原稿用紙1枚におさまる文量ですから、かなり短いです。フリとオチのみって感じですね。小説というより小噺。

 採用作品がHPで読めるので、ある程度の傾向は探れそうです。

 締切の情報から、この文章の終わりまでで大体300字です。結構いろんなことが書けそうですね。

 (追記)

 郵送だけだと思ってましたが、応募フォームからの投稿も出来るみたいです。見逃してました。すみません。

 

BOOKSHORTS 2015

 2015年は毎月の募集になったようなので追加しておきます。

  • 締切:毎月末(2015年7月期~2016年3月期)
  • 文字数:1,000字以上10,000字以内
  • 応募方法:応募フォーム
  • HP:BOOK SHORTS
  • 賞:各期ごとに優秀作品を選定。全9期の優秀作品のなかから大賞を選定。100万円

 テーマは、

おとぎ話や昔話、民話、小説などをもとに創作したショートストーリー。アレンジやスピンオフ、新釈作品。

 注意すべきは、めずらしく「横書き原稿」であるということでしょうか。映像化を目的とした作品の募集なので、そこらへんも考慮したほうがよさそうです。

 詳しい応募規定はこちらから。

 2015年度応募規定 | BOOK SHORTS

 

共幻文庫 短編コンテスト

  • 締切:毎月1日 00時00分
  • 文字数:1,000〜10,000字程度
  • 応募方法:応募フォーム
  • HP:共幻文庫
  • 賞:優秀賞2点に印税5%もしくは賞金1000円(優秀賞より年間最優秀賞(10000円)、特別賞(5000円)がそれぞれ1点)

 過去全ての応募作品が読めます。一次選考、二次選考、最終選考と全ての選考をHPで発表してくれるみたいなので、すごく分かりやすいですね。

 電子書籍化の際の印税5%を賞金とできるというのが新しいですね。

 詳しい応募規定はこちらから。

 共幻文庫 共幻文庫 短編小説コンテスト2016

 

 昨年度のコンテスト受賞作品はKindle電子書籍ストアで購入可能です。(HPの情報[16/06/11時点]では現在販売停止中とあります)

「『共幻文庫 短編小説コンテスト攻略法』を収録」とあるので、挑戦される方は購入して読んでみてもいいかもしれません。

共幻文庫 短編小説コンテスト2015

共幻文庫 短編小説コンテスト2015

 

  

その他

 いろいろ調べてみたら、各地域の地方紙にて、掌編(短編)小説の募集が行われているようです。

 応募資格はその地に在住している方に限られる場合もあるので、募集要項を確認の上、応募してください。

 

 他に何か情報があれば教えてくださいませ。

f:id:taskuni:20160105171313p:plain

 

小さな物語のつくり方

小さな物語のつくり方