読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショートショート+

ショートショート+(しょーとしょーとぷらす)では、電子ショートショート作家くにさきたすくがショートショートを使って何か新しいことをできないかを模索していきます。

BCCKS、Kindle、kobo等にて電子ショートショート集『空論オンパレード』『ポンコツ×ショート』『ハモノづくし』販売中!
LINEスタンプ『原稿うさぎ』『アミドさん』販売中!

公募ガイド「小説の虎の穴」第33回 最優秀賞に選ばれました。

+公募

 f:id:taskuni:20141108201325j:plain

 ついに。

 やりました。

 18回目の投稿にして、最優秀賞です。

 長かった?

 短かった?

 よく分かりません。

 ただただ嬉しいです。

 今年の初めに「最優秀賞を狙うぞ」という記事を書いて、今年中に達成できたのでとても満足。

 

 課題は「視覚を失う話」

 いつも課題の中でなんとかコメディに持っていこうとしているのですが、今回の課題ではさすがに完全なコメディにはなりませんでした。得意の(?)言葉遊びは大量に盛り込みましたが、普段の作風とはガラッと変わったものになっています。

 ネタバレになるので詳しくは書きませんが、こういった系統の作品はほとんど書いたことが無かったので、投稿時は自信は少しもありませんでした。自信のない作品の時にこそ結果が出るという“公募あるある”を体験させて頂きました。

 佳作の時は公募ガイドのブログで作品を読めましたが、最優秀賞は公募ガイドを買った方しか読めません。

 くにさき氏の最優秀賞作品が読めるのは公募ガイドだけ!

 みんなよんでね! (^3^)-☆Chu

公募ガイド 2014年 12月号 [雑誌]

公募ガイド 2014年 12月号 [雑誌]

 

 悲しいことに紙面には第37回の募集がありませんでした。第36回でこのコーナーは終了と言う事なのでしょう。しくしく。

 

 ということで……忘れてはいけないことがもう一つ。

 最優秀賞に選ばれると、商品券3万円がもらえます。

 ただ、この3万円という価値は、今回選ばれた作品一本だけに付けられた価値では無いと僕は考えております。

 いままで約150作品ほどの掌編を書き続けてきたからこその3万円。

 そう。

 つまりは、過去の作品も、今回の作品も、同等の価値を有するという事です。

 150作品で3万円だから、単純計算して1作品につき200円分の価値があることになりますね。

 あれ? こんなところにショートショート集が。

空論オンパレード

空論オンパレード

 

 くにさき氏の過去作品が、なんと20作品も入っているではないか。

 計算上、200円×20作品 = 4000円分の価値があるショートショート集がなんと200円で買える!

 安い! 安すぎる!(公募ガイドより安い!)

 買わなきゃ!

 

 

論理で人をだます法

論理で人をだます法