ショートショート+

ショートショート+(しょーとしょーとぷらす)では、電子ショートショート作家くにさきたすくがショートショートを使って何か新しいことをできないかを模索していきます。

BCCKS、Kindle、kobo等にて電子ショートショート集『空論オンパレード』『ポンコツ×ショート』『ハモノづくし』販売中!
LINEスタンプ『原稿うさぎ』『アミドさん』販売中!

じゅうだいなお話

 公募ガイド 編集部ブログ:読者の小説 最優秀賞 - livedoor Blog(ブログ)

 10題噺という公募に出してました。

 落選したらブログに上げようと思っていたのを忘れてました。

 

 課題は以下のような感じです。

 以下の10のワードすべてを使って発想した小説
 1残暑 2路地裏 3家族 4希望 5占い
 6対策 7消える 8逆転 9刃物 10裏の顔

 

 というわけで残念ながら落選したのでアップします。

 

『神秘のベール』

 

 亮太はビジネスバックを下ろして席につくとキョロキョロと辺りを見回した。路地裏には人の気配はほとんど無い。
「じゃあ、おれの現状を占ってもらおうかな」
 黒いベールを目深に下ろした女占い師に向かって、ぶっきらぼうに亮太は言った。その言葉を受け、女は手触りの良さそうなテーブルクロスの上でタロットカードを混ぜ始めた。
「占いが必要かしら。仕事をサボってふらふらしてただけでしょ」
 ツンとした表情を見せながら女はカードをまとめ手際よくカットし、束の上からカードを二枚引くと十字に重ねて置いた。
「これでよしっと。この上のカードが問題点や今後の対策を、下のカードが今の状況を示しているの」
「へえ。それっぽく出来るもんだな。当たるかどうかは別問題だけど」
 亮太は鼻で笑った。
「当たるわよ。家で練習したときは百発百中だったもの。さてと、現状についてだけど……あれ? おかしいわね。このカードは……」
「なんだよ。もったいぶらずに教えてくれよ」
 女は下になったカードを引き抜いて、亮太の目の前に置いた。そこには両手で五本の剣を抱えて歩く青年の姿。青年の背後には二本の剣が地面に突き刺さっている。
「現状のカードは、剣(ソード)の7ね。剣は総じて男性的なカード。そして剣の7の意味するところは、秘密の企て、裏切り行為。でもその企てが失敗することを暗示してる……あなた、浮気してるでしょ」
 女は亮太を睨み付けた。しかし亮太は動じない。
「そんなわけないだろ」
「ほら、すぐそこにラブホテルがあるでしょ。あそこに行こうとしてたのね。こんな裏通りを歩く理由なんて他にないもの」
「たまたまだよ。表通りはまだ暑いから裏道でちょっと涼みながら次の営業先に行こうとしてただけだよ。もう一枚のカードは?」
 亮太が視線を送ったカードには、きらめく星の下で湖に水をそそぐ裸の女性の姿が描かれていた。
「星(スター)ね。希望、予感、明るい兆し。剣の7とは似つかわしくないカードね。これが課題……どういう事かしら」
「占い師ともあろうお方が、カードの意味が分からないのかい?」
「いやな言い方しないでよ。今考えているところなんだから」
 腕組みをする女に向かって亮太はあきれたように言った。
「なあ……奈歩、大体なんでこんなところで占い師なんかやってんだよ。占いが趣味だったってのも初耳だし、『専業主婦やめる』『パート始める』って言っておいて占い師になってるなんて」
「ある日、急にやってみたくなったのよ。それでネットでタロットカードを買って試してみたらすごく当たるの。でも自分を占ってばかりじゃつまんないから、知り合いに頼んで場所を貸してもらったのよ」
「そこに偶然おれが通りかかるとは不思議なもんだな。でも見切り発車だったな。まだまだ修行が足りない」
「おかしいわね。家で自分を占う時は、いつもぱっと解釈がひらめくのに……それに、この剣の7が出ること自体が解せないわ」
「どういうことだ?」
「このカードは小アルカナのカードなのよ。私はいつも大アルカナだけを使って占ってるのに……。えーっとね、タロットには小アルカナ五十六枚と大アルカナ二十二枚があってね、私はその大アルカナだけを使ってたのよ」
「適当に片付けて紛れたんだろうな。大雑把な奈歩の性格じゃしょうがない」
「言ってくれるわね」
「じゃあついでに、もう一ついいか?」
「なによ」
奈歩はもしかして今回も自分の事を占ったんじゃないのか? それなら占いは全て当たっているかもしれない。秘密の企ての失敗って言ったろ?」
「あなたに黙って占い師をやってることがバレたって事ね。そうかもしれない」
「そして希望を意味する星が出たことも、小アルカナから一枚消えて大アルカナが一枚増えたことも、ある事を暗示してるような気がするな」
「どういう事?」
「いつも使ってる大アルカナは奈歩自身、小アルカナはたぶんおれなんだろうな。おれから奈歩にカードを一枚渡して、星が出たって事さ。それで急に占いに目覚めたんだろうな」
「はあ? 意味が分からない」
「なあに良くある話だよ。女性には不思議な力が宿る瞬間というのがあるだろ?」

 星のカード
 ――希望、予感、明るい兆し、生命の象徴を意味する。

 

(了)